月経時に下痢になりやすいのはホルモンバランスのせいだった!?


月経時に下痢になりやすいのは女性ホルモンのバランスに
よるものが多いです。

 

生理前はプロゲステロンというホルモンの分泌が多くこれ
は子宮を収縮させるという作用があります。さらには腸に
も影響するので下痢になりやすいのです。

 

次に生理がはじまると、プロスタグランジンという物質が生
成されます。これは生理痛の原因などとよく言われています
が、腸の異常収縮という作用があります。

 

このため、分泌量によっては生理痛どころか下痢や月経困難症
の症状が出やすくなってしまうのです。

 

下痢は女性ホルモンが原因のときと、特有の物質によるとき
の物あるので月経時に下痢がひどい場合は一度婦人科に相談
されるのがいいと思います。

2017年2月6日 月経時に下痢になりやすいのはホルモンバランスのせいだった!? はコメントを受け付けていません。 下痢と女性ホルモン